専門医試験の概要

機構について

専門医試験の概要

1.暫定試験受験資格

暫定試験の受験資格は次の通りです。

  1. 日本精神神経学会、日本小児科学会いずれかの専門医であること
  2. 日本小児心身医学会、日本小児精神神経学会、日本児童青年精神医学会の認定医であるか、日本思春期青年期精神医学会の推薦医であること
  3. 医師歴7年以上(医籍登録8年目以降)であること
  4. 子どものこころに関する診療に従事していること
  5. 所定の研修を受けていること
    ※ 所定の研修は専門医試験当日、試験の前に行います

2.暫定試験の内容

試験の内容は、それぞれの認定医・推薦医の認定試験の形式によって異なります。日本小児心身医学会認定医は、認定医試験の際に症例要約・筆記試験・口頭試問が行われていますので、子どものこころ専門医の認定にあたっては小児精神医学領域の筆記試験が課されます。日本小児精神神経学会認定医、日本児童青年精神医学会認定医、日本思春期青年期精神医学会推薦医は、症例要約による認定ですので、子どものこころ専門医の認定に当たっては、小児心身医学・小児精神医学領域の筆記試験と口頭試問が課されます。なお、暫定試験は当分の間、下記の時期・内容で行われる予定です。

9月:日本小児心身医学会認定医対象(事前研修、筆記試験)

10月:日本小児精神神経学会認定医、日本児童青年精神医学会認定医、日本思春期青年期精神医学会推薦医対象(事前研修、筆記試験、口頭試問)